CAC化粧品の通販オンラインショップ 公式ブログ

紫外線をはね返す輝く肌へ

2020年7月 3日(金曜日) テーマ:美と健康

20200703.jpg

梅雨明けが近づく7月になると、UVについて考え始める時期。

夏は曇り空の下でも、しっかり紫外線は降り注いでいます。

日焼け=シミになるという認識はメジャーですが、紫外線の肌への影響はシミだけではありません。

そもそも、シミの元は、肌の奥にあるメラノサイトという細胞が、紫外線に当たることで肌へ危険信号を知らせるために、肌細胞にメラニン色素をつけます。例えるなら、メラノサイトが黒い傘を広げて、健康なお隣の細胞を紫外線から守ろうとしている感じです。

これが、シミの出来るメカニズムです。

しかし、メラニンの生成には、個人差があります。

同じ時間、同じ条件で紫外線に当たったとしても、赤くなって終わる人と、黒く日焼けする人がいる違いです。日焼けもしないし、シミも出来ないから、UVケアとは無関係と考える人もいますが、紫外線を浴びた日は、肌は大きなダメージを受けています。

紫外線は、肌の角質層にあるわずかな欠損部分から肌内部へと侵入します。

紫外線のダメージを受けさらに破損した角質層は、潤いを失い、透明感やツヤ、ハリも奪われ、乾燥やしわ、くすみやニキビなどの様々な肌トラブルを引き起こします。

 

紫外線を浴びた日には、角質層を覆い修復してくれるCACエヴィデンス スーパーパック』がお勧めです。たっぷりの多糖類が潤いを与えながら、角質層をコーティングし修復します。角質層の欠損部分をパックがかさぶたの代役をすることで、新陳代謝を促します。新陳代謝が活性化されることで、肌トラブルの修復はもちろん、出来てしまったシミも早く垢として剥がれ落とすことが出来ます。通常パックより多糖類を2倍配合したことで、修復力と保湿力が高まり、夏の肌ダメージを防ぎます。洗顔後に、たっぷり1包をお顔全体に塗布し、そのまま30分程度放置。すすぎはぬるま湯で5回程度、パックを肌に薄く残すことがポイントです。目の際や唇のケアにもご使用いただけます。角質層がしっかり整った肌は、自らの潤いで紫外線の侵入をはね返すことが出来ます。毎日のパックケアで角質層を修復し、夏の紫外線に負けない輝く肌を作りましょう。



メールアドレス

最近の記事

肌をやさしく癒す

肌をやさしく癒す

2020年6月24日(水曜日)

「やさしい使い心地 泡洗浄」

「やさしい使い心地 泡洗浄」

2020年6月15日(月曜日)

美と健康は腸を制すべし

美と健康は腸を制すべし

2020年5月27日(水曜日)

お家時間もUVケアを

お家時間もUVケアを

2020年5月10日(日曜日)

洗うことから始まるお肌のスキンケア

洗うことから始まるお肌のスキンケア

2020年4月24日(金曜日)