CAC化粧品の通販オンラインショップ 公式ブログ

日焼け止めは肌と環境に安心なものを!

2019年8月20日(火曜日) テーマ:美と健康

 

20190820.jpg

日差しも強くなり、本格的な夏が到来してきましたね。 

今の時期、紫外線の量もピークになっています。紫外線はシミだけでなく、シワやたるみの原因になるため日焼け止めや帽子・日傘等で対策をしている方が多いと思います。 

しかし最近は肌を守るために塗る日焼け止めそのものが、皮膚や環境に影響を与えるのではないかと言われ始めているのはご存じでしょうか。 

 

今年の2月に米国食品医薬品局(FDA)が、すでに承認済の紫外線防御剤16成分について安全性の再審査を実施しました。

この16種類の成分中、安全性が最も懸念されるのは、日本で売られている日焼け止めにも入っている「オキシベンゾン-3」と「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」の2つになります。

どちらも紫外線を吸収する役割を持っている一方、環境ホルモン作用が指摘されていて、人体への影響があるのではないかと言われています。

また、人体への影響だけでなく珊瑚の白化を促進するとの指摘もあり、ハワイやパラオではこの成分を含む日焼け止めやスキンケアの販売を禁止する法案を施行予定です。

 

その中でも16種類のうち、再審査によってFDAが安全性と効果が確認された成分は、紫外線反射剤の「酸化チタン」と「酸化亜鉛」だけでした。

今回はアメリカでの話ですが、日本の日焼け止めにも配合されている成分の話でもあります。

日焼け止めは毎日使用する物だからこそ、安全性と環境に優しい成分をきちんと見極めて使用していくのをお勧めします。

 

『CACベーシックUVブロッカー』は酸化チタン配合の、肌と環境に優しい日焼け止めです。

紫外線吸収剤やオイル・石油系界面活性剤などを使用せず、糖類・多糖類・アミノ酸の保湿成分と紫外線反射剤(酸化チタン)で出来ている、1回使い切りタイプの日焼け止めです。

肌と環境に優しいので、こまめに塗り直したり、毎日安心してお使いいただけます。

 



メールアドレス

最近の記事

質の良い睡眠を取りましょう

質の良い睡眠を取りましょう

2019年7月30日(火曜日)

赤ちゃんには低刺激で簡単に洗える洗浄料がお勧めです

赤ちゃんには低刺激で簡単に洗える洗浄料がお勧めです

2019年7月12日(金曜日)

メイクが崩れる原因について

メイクが崩れる原因について

2019年6月20日(木曜日)

肌のバリア機能を高めるには

肌のバリア機能を高めるには

2019年6月 7日(金曜日)

CACシャンプーの正しい使い方

CACシャンプーの正しい使い方

2019年5月24日(金曜日)