アレルギーと腸内環境の関係について

CAC化粧品の通販オンラインショップ 公式ブログ > 美と健康 > アレルギーと腸内環境の関係について

アレルギーと腸内環境の関係について

2019年3月 6日(水曜日) テーマ:美と健康

 

20190306.jpg

 

暖かくなり日中も過ごしやすくなってきましたが、全国的にスギ花粉の飛散がピークを迎える時期でもあります。

今年は暖かくなるのが例年より早く、3月の気温が平年より高くなると沢山の花粉が飛ぶと予想されます。

特に発症者の多いスギ花粉は、晴れて気温が高く風の強い日が飛びやすくなるようです。

花粉症の方は日々の花粉情報を参考にしつつ、マスクやメガネなどで万全な対策をするも良いのですが、花粉症などのアレルギー対策には腸内環境をよくするのも効果的です。

アレルギーとは極端に言えば、ある物質に対する異常な免疫反応が体に起こることです。

実は免疫細胞の約6~7割は腸に集中しており、腸は体で最も大きな免疫系になっているので、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることにより、身体全体の免疫力を正常に保ち、花粉に対して過剰な反応を抑えることができるのです。

 

腸内の善玉菌を増やすためにも、乳酸菌・ビフィズス菌を含むヨーグルトやチーズ、納豆・ぬか漬け・キムチなどの発酵食品と併せて、善玉菌のエサとなる食物繊維またはオリゴ糖を含む穀物・イモ類・海藻類・きのこ類、大豆・バナナ・ゴボウなどを積極的に摂取することが大切です。

 

『CACセレージャ』はビートオリゴ糖配合の腸内環境を整える、すっきりとした梅・レモン味のドリンクです。

ビートオリゴ糖は胃や腸に消化されにくく、大腸までしっかり届き善玉菌のエサになります。

善玉菌が増殖することで悪玉菌を減少させ、腸の動きを活発化し、アレルギー緩和だけでなく、便秘の解消につながり肌トラブルの改善につながります。

朝や寝る前などの空腹時にコップ1杯のお水(100ml)と一緒にお飲みください。

炭酸水に混ぜるとよりすっきりと、紅茶に混ぜると味に深が出て毎日飽きずに続けることができます。

 



メールアドレス

関連記事

 春の敏感肌にはシンプルケアを

春の敏感肌にはシンプルケアを

2019年3月19日(火曜日)

アレルギーと腸内環境の関係について

アレルギーと腸内環境の関係について

2019年3月 6日(水曜日)

美肌の7割は洗顔で決まる

美肌の7割は洗顔で決まる

2019年2月20日(水曜日)

肌に優しいファンデーションの選び方

肌に優しいファンデーションの選び方

2019年2月 5日(火曜日)

全身の保湿は洗いながらケアを

全身の保湿は洗いながらケアを

2019年1月18日(金曜日)